【ハワイ旅行】ビーチでウェディングフォト【海外色んなところでウェディング撮影】

Hawaii

みなさん

 

こんにちは

 

コビーです。

 

今日は、ビーチでウェディングフォト【海外色んなところでウェディング撮影】というテーマで書いていきます。

今オーストラリアでワーホリ中の僕たちですが、10日間ほど休暇をもらい、ハワイ旅行に行ってきました。

 

僕の家族が旅行でハワイに行くことになったので、奥さんのケイリーも一緒に皆で家族旅行としてハワイに行くことにしました。

 

ウェディング会社のことや、実際の撮影した感想などを赤裸々に書いていきたいと思います。

 

 

ウェディング撮影プランの詳細

 

僕たちはビーチフォトプランというプランを選びました。

こちらの金額は59,000円でした。

金額に含まれるサービスは下記になります。

 

・当日のホテルまで送迎

・衣装の貸し出し(新郎、新婦)

・新婦ヘア&メイク

・撮影

・造花ブーケ

・撮影データの受け取り

 

 

金額のわりには、全てがセットになっていてお手頃だったと思います。

 

会社名

 

僕たちは今回【アメリカンホリデーズ】という会社を使ってウェディングフォトを撮りました。

こちらの会社はウェディング会社を仲介している会社にないます。なので、この会社が僕たちの撮影をするわけではありません。

 

撮影した会社は【レイウェディング】という会社に送迎から撮影までやってもらいました。

 

結果からいうと、友達におすすめしたくないという気持ちです。

5段階評価で書いてみます。

 

【アメリカンホリデーズ】

メールのやり取り★★☆☆☆

値段      ★★★★☆

満足度     ★★★☆☆

 

【レイウェディング】

撮影ビーチ ★★★★☆

カメラマン ★★★★★

メイクアップ★★★★★

衣装    ★★☆☆☆

満足度   ★★★☆☆

 

それぞれの会社ごとに感じたことを書いていきます。

 

【アメリカンホリデーズ】

 

まず、メールのやり取りですが、気持ちよくやり取りできなかったです。

 

・メールの担当者が毎回変わる

・その場その場で適切に対応できない

 

 

メールの担当者が変わる

 

毎回担当者が変わるので、メールの最後に載っている名前をその都度、確認する必要がありました。

メールでのやり取りだからといって、毎回違う担当者の人とメールするのは不安がありました。

 

その場その場で適切に対応できない

 

一番の理由はこちらです。

僕たちはオーストラリアから予約をしたので、少しイレギュラーなお客さんだったかもしれませんが、少しでも臨機応変な対応をして欲しかったです。

 

振込みができなかった

 

正式に予約をするためには、日本からアメリカンホリデーズさんに振込みする必要がありました。

 

オーストラリアにいるので日本の銀行へ振込みは難しかったにも関わらず、「明日までに振込みをしてください」と言われました。

 

正直すぐに対応するのが難しかったので、「クレジットカード払いにできますか?」と確認したところ、「メールでクレジットカード情報を教えていただければ可能です。」と言われました。

 

さすがに、メールでクレジットカード情報を伝えるのは怖かったので、沖縄にいる家族に振込みしてもらうようにお願いしてなんとか予約することができました。

 

今回の件では家族に迷惑をかけてしまいました。なので、せめて2、3日の時間をもらえたら良かったかなって思います。

 

レイウェディング

 

結果から言うと、営業してくる姿勢がとても強い印象の会社です。ただ、カメラマンさんはとても良かったです。

 

新婦ヘアメイクについて

 

男性目線から言うと、とても綺麗にヘアメイクしてもらったと思います。また、ケイリーも気に入ってくれた様子でした。

 

女性衣装について

 

衣装は金額に含まれていますが、無料で使える衣装はとても少ないです。

 

ドレスは200着以上ありましたが、5〜10着ぐらいしか無料で使えるドレスがありませんでした。

結婚式をしたことがないので、ドレス選びに困っていたケイリー。

似合いそうなドレスを担当の人にお願いしましたが、全て400ドル以上追加支払いするドレスばかり。

 

無料の衣装をケイリーが試着しても「こちらの方が似合うわよ」の一点張り。

これはマイナスポイントになりました。

 

男性衣装について

 

こちらの衣装もひどかったです。無料の衣装が2着しかありませんでした。

黒とシルバーのモーニングタキシードのみ。ハワイの海に合わないので他の衣装を選んだ方が良いかもしれませんと言われました。

 

けれども、どのような洋服を選べば良いのか分からなかったのでスタッフの方に相談したかったのですが、何も手伝いする様子もなく従業員と楽しそうに話をする始末。

 

着たい洋服が決まって試着しようと案内された部屋が、ケイリーがメイクアップしている部屋。

流石にヘアメイクさんがやっている鏡張りの部屋で、着替えたくありませんでした。笑

 

イラっとすることを超えて、呆れてしまいました。もう二度とこちらの会社は利用したくないと思いました。

 

まとめ

撮影は公共のビーチで撮影しました。公共のビーチといってもとても綺麗な場所だったのでロケーションはとても良かったです。

 

そして、カメラマンさんもとても良かったです。僕たちはどういう風に撮影したいなど考えていなかったのですが、カメラマンさんが全部考えてくれていたのでとても楽に撮影することができました。

 

少し不快な気持ちになる場面もあれば、ここを選んで良かったっていう場面もありました。

 

ただ、もやっとする場面が多ければ多いほどせっかくのウェディングフォトなのに気持ちよく撮影できないかもしれません。

最悪の場合、新郎と新婦が喧嘩する恐れがあります。

 

着付けから撮影まで4時間ぐらいで終わらなければいけないので、どのような衣装があるのか確認をとるなど前もって準備することをおすすめします。

 

おまけ

 

撮影データはCDロムを受け取るか、メールでデータを送ってもらうかの2パターンを選ぶことができますが、メールでデータを受け取る事をおすすめします。

 

CDロムをパソコンで読み込んでダウンロードした後、メールで送信することが難しかったです。

無料でフォルダを使ってメールで送れるサービスなどありますが、容量が大きすぎるといため無料の範囲内で送ることができません。

なので、CDロムで受け取るのではなく、メールでデータを受け取りそこから家族などにメールで転送した方が楽かなって思いました。

 

他に楽な方法がありましたらぜひ教えてください。

【ファーム × ウェディング】私たちのウェディングフォト撮影の裏側【フォトグラファーを紹介】

コメント

タイトルとURLをコピーしました