【海外自炊生活】海外で肉じゃがを作る!!簡単 レシピ

海外自炊生活

はいさい〜〜👋🏽

知念夫婦の妻のケイリーです。

 

海外生活では、食費の節約は必須!!

 

オーストラリアで毎日外食してたら、大変なことになります😭😭

 

でも、海外で自炊って何作ればいいの!?

 

スーパー行っても全部英語表記でよく分からんし、作ろうと思ってレシピをネットで見ても、海外では手に入れにくい料理酒、みりんとか日本の調味料ばかり。

 

アジアンマーケットで日本の調味料を購入したら、自炊なのに結局、食費高くなる〜😭😭という方へ。

 

日本の調味料がなくても代用できる海外で作る日本食レシピを公開しまーす!

 

 

 

 

第一弾は、皆んな大好き 肉じゃが❤︎

f:id:chinenfu_fu:20190319062802j:plain

今回は、挽き肉を使ったレシピです!

 

※私の住んでいるブリスベンの家近くのColes(スーパーマーケット)には、豚肉と牛肉の小間切れも薄切りもありません😭

ステーキ用の分厚い肉ばかりで、、、

 

挽き肉はお手頃価格なので、おすすめです❤︎

(私は、ひき肉500gを5ドルでGETしました)

 

 

◎ひき肉の肉じゃが  (2〜3人分)

じゃがいも・・・2〜3つ

にんじん・・・1〜2本

玉ねぎ・・・2つ

挽き肉(牛肉でも豚肉でもOK!)・・・200〜300g

☆しょうゆ・・・大 3くらい

☆砂糖・・・大 2くらい

☆水・・・大3くらい

 

 

①じゃがいも、にんじん、玉ねぎをカットします。

じゃがいもは一口大、にんじんは乱切り、玉ねぎはくし形に。

 

②挽き肉を、フライパンもしくは鍋で炒めます。肉の色が変わるまで。

 

③カットした①の野菜を全て②と一緒に炒めます。玉ねぎの色が透明になるくらいまで。

 

③炒めた具材に、☆の調味料を全て入れます。じゃがいもが、☆に浸されている分量がベストです!

( 汁が足りないと感じたらしょうゆと水を同じ分だけ足してください。)

もし、だしの素やめんつゆを持っていたら、少し入れるとよりGoodです!!!

 

④ヒタヒタだった汁がなくなって、野菜が柔らかくなるまで煮込みます。約15分くらい。

にんじんにフォークがスッと通るくらいになったら出来上がり❤︎🍳

 

 

調味料を一切計り使わずに料理するタイプです。

レシピがざっくり過ぎて申し訳ありません。。。

 

海外のじゃがいも、にんじん、玉ねぎはとても大きいサイズもあれば、小さいサイズもあるので目安にしてください☺️

 

 

ブリスベン(オーストラリア?)は、根菜がとても安い!

大きめじゃがいも8個で、75セント(約60円)になってるセール品見つけたり、細めのにんじんが15本くらいで、2ドル(約160円)でスーパーで売ってます。

 

 

この2〜3人分の肉じゃがレシピは、計500円以下です!!激安〜〜💰

じゃがいもとにんじんは、事前にレンジでチンしておいたら時短になります!

それでは、また違うレシピ載せます〜〜♪

 

【海外で自炊生活】ズッキーニの活用レシピ 3選【野菜炒め+スープ+炒飯】

 

【海外で自炊生活】自分で簡単に作れるお豆腐のレシピ【苦汁の必要なし】

 

【ファーム生活】ファームをすると本当にお金が貯まるのか!?一週間の生活費大公開

コメント

タイトルとURLをコピーしました