【バギオ観光】バギオから日帰りで行ける離島《ハンドレッドアイランド》

バギオ留学

みなさん

 

こんにちは

 

コビーです。

 

早速なんですが、こちらの写真をご覧ください。

f:id:chinenfu_fu:20190616160822j:image

 

めちゃくちゃ綺麗ですよね!!

フィリピン留学をしている時、学校の友達10人ぐらいで遊びに行った離島の写真です!

 

バギオは山で囲まれている場所ですが、シティから車で3時間ほど走ったところにめちゃくちゃ綺麗な海があります!!

 

これからバギオ留学を考えている方は、是非とも行ってほしいスポットなので、紹介します。

 

Hundred Islandとは

 

名前の通り100個の島があるので、ハンドレッドアイランドと名付けられています。

実際は100以上の島があるみたいです。

 

 

 

 

先ほども書きましたが、シティから3時間ほどで行けるので、ぜひ行ってみて下さい。

 

こちらの島は人が住んでおらず、200年前から姿、形を変えていない自然の状態が残ってます。

 

サンゴはもちろん、色んな魚を見ることが出来ます。

アクティビティはバナナボート、ジップラインができます◎

アクティビティの詳細は、のちほど・・・

 

車内

 

 

f:id:chinenfu_fu:20190616160827j:image10人乗りのバンを、学校の先生の知り合いにチャーターしてもらいました。

 

出発は朝の6時。

朝焼けを見るのを楽しみにしていましたが、皆すぐ寝ちゃいましたね。

 

 

 

船乗り場

 

 

f:id:chinenfu_fu:20190616160855j:image

 

到着して全員でぱしゃり。

周りには、たくさんの船が止まっていました。

 

船は、自分たちで交渉して金額設定をして島まで行きます。

人数が少ない方は、近くにいる人と相乗りをすることをおすすめします!

 

船の予約は前もってやるべき?

 

⇒事前に語学学校の先生に聞くと「現地で予約するべき」と言う人もいれば、ある先生に聞くと「前もって予約するべき」と二つの意見に分かれました。

 

実際、僕たちは現地で予約することにしました。

しかし僕たちはとても運が良く、今回のバンのドライバーが親切で、前もって船の予約してくれていました。

 

お願いしていないのに、船の予約とライフジャケット、シュノーケル、ゴミ袋など、すべて事前に手配してくれていました。

 

車のドライバーに、

「船のレンタル時間は特に決まっていないから、帰りたくなったら船のドライバーに言って、港まで戻ってきて」と言われ、自由に時間を使うことが出来ました!

 

ガバナーズ島(ジップライン)

f:id:chinenfu_fu:20190616160913j:image

 

最初の島はガバナーズ島

 

ここの島ではジップラインをすることができます。

1回250ペソ(約500円)とめっちゃ安かったです。

 

 

ジップラインの景色が綺麗だっただけに、この時ゴープロを持っていればと少し後悔。

海の上を、空中散歩している気分になります!!!(スピードは結構速いです。)

 

 

f:id:chinenfu_fu:20190616160832j:image

 

 

人数が多かったので、2班に分かれてジップラインをすることに。

 

楽しかったので、トライしてみて下さい~!!

 

バナナボート

f:id:chinenfu_fu:20190616160843j:image

 

日本のバナナボートと、一味違うスリルを味わえます。

運転がとてつもなく、激しいです。笑

 

2回はバナナボートひっくり返されます。めっちゃ海水飲みました。

ジェットコースターなど苦手な人は、やらない方が良いかもしれないです。

 

飛び込みスポット

 

 

f:id:chinenfu_fu:20190616160901j:image

 

ハンドレッドアイランドの名物飛び込みスポットがあります。

高さは、約5mぐらいです。

 

ちなみに、深さは1.8mぐらいかと思います。

なので頭から飛び込みすると、地面に頭ぶつけるのでやらないほうがいいと思います。

 

ちなみに、写真には写っていないですが、天井にコウモリが大量にいます。

鳴き声もすごいです。笑

 

 

 

 

シュノーケリングが一番楽しい

 

f:id:chinenfu_fu:20190616160905j:plain

 

アクティビティも楽しいですが、キレイな海があってこそ楽しめるものだと思っています。

 

水中の撮影が出来なかったのが残念なんですが、先ほど書いた通り、ほとんどサンゴで埋め尽くされていて、大きい魚からスイミーみたいな魚の群れもいました。

 

ですが、オニヒトデもいっぱいいましたね。

少しずつ白化しているサンゴがありました。

僕とケイリーで何匹か駆除しましたが、オニヒトデがいなくなることを祈るばかりです。

 

 

 

ストリートチルドレン

f:id:chinenfu_fu:20190616160909j:image

 

港には「金くれ~」と寄ってくる子供たちがいます。

 

家はあるそうですが、貧乏なので観光客に目がけて寄ってきます。

ただ、話をすると無邪気な少年たちでした。

 

一緒にお菓子を食べながら、スラムダンクのシャツを着ていたので、アニメの話をしました。

日本のアニメは、世界を繋げることが出来ますね!!

 

まとめ

 

ハンドレッドアイランドへ泊まりで遊びに来る方もいるようですが、私たちは日帰りで行きました。

一日でも十分、楽しめました!!!

 

アクティビティを目一杯楽しむのも良し、ビーチでまったりするのも良し。

売店があったり、アイスを売っているおじさんが歩いていますのでそこでちょっとしたものは購入可能です。

 

ほとんどフィリピン人しかおらず、観光客は見かけませんでした。

穴場のおでかけスポットですので、海好きな方はぜひ!!行ってみてください。

 

 

 

 

おまけ

f:id:chinenfu_fu:20190617202116p:plain

 

 

 

今日のおまけなんですが、オーストラリアのカニを食べてみた!!です。

 

ルームメイトが、カニを買ってきて

「みんなでカニすき焼きしよう~」と言っていきました。笑

 

f:id:chinenfu_fu:20190617212350j:image

 

ブルーとパープルの綺麗な色でした〜〜!

 

 

f:id:chinenfu_fu:20190617212543j:image

 

身がぎっしり入ってます!カニ味噌もたっぷり〜〜

 

 

 

以前、すき焼きを作ってあげたところ、相当気に入ってくれた様子。

しかし、すき焼き+カニの相性が良いのか僕には分からなかったので、料理はケイリーさんにお任せ。笑

 

 

出来上がったカニ料理を見ると、

◎カニの蒸し焼き

◎カニ鍋

でした。

 

f:id:chinenfu_fu:20190617212441j:image

 

f:id:chinenfu_fu:20190617212435j:image

 

 

 

 

みなさんのご想像通りめちゃくちゃ美味かったです。

臭みもなく身もぎっしり詰まっていて日本のカニと大差なかったです。

 

 

f:id:chinenfu_fu:20190617212616j:image

 

 

 

 

〆の雑炊も最高でしたね。

今日はぐっすり眠れそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました