【ファーム生活】ビクトリア州とクイーンズランド州のストロベリーファームの違い【どちらも稼げます】

ファーム生活

みなさん

 

こんにちはコビーです。

 

今日は、ビクトリア州とクイーンズランド州のストロベリーファームの違い【どちらも稼げます】について書いていきます。

 

僕はクイーンズランド州のバンダバーグで約5ヶ月間ストロベリーピッキングを経験し、先月からビクトリア州のメルボルンでも始めました。

クイーンズランド州のストロベリーピッキング方法もストロベリー自体も、ビクトリア州とは違いがあって驚きました。

 

働けるシーズンが違うので、今後ファームを考えている方に両方のストロベリーファームについて参考になればと思います。

 

それでは、僕の実体験をもとに具体的な理由を書いていきます。

 

 

クイーンズランド州とビクトリア州ではピッキング方法が違う

 

大きな違いはトロリーを使ってピッキングをするか、しないかです。

クイーンズランド州では、トロリーを使ってストロベリーをピッキングします。

これに乗りながらピッキングします。

 

 

ビクトリア州は、ハンドピッキングが主流です。

ケイリーが今カッティングの作業をしている写真になります。(ハンドピッキング中の写真がなくて申し訳ありません。)

 

ハンドピッキングはカッティングの姿勢と似ており、中腰の状態でずっとピッキングしなければいけません。

なので腰が痛くなり、とても仕事が辛いです。

場所によっては、トロリーを持っているファームもあります。

 

これが、大きな違いになります。

ハンドピッキングは辛いですが、実は稼ぐことができます。

 

 

ストロベリー1キロ当たりのレートが約2倍違う

 

僕がオーストラリアの2つの州で経験したことを踏まえて書いていきます。

ビクトリア州はクイーンズランド州の2倍ぐらいのレートが違います。

 

ちなみに僕がクイーンズランド州で働いていたストロベリーファームの1キロのレートは55セントでした。

そしてビクトリア州のファームは1キロのレートが90セントです。

約2倍違います。

 

他のストロベリーファームへ話を聞きましたが、ビクトリア州の方がレートが良い印象です。

【バンダバーグファーム】私たちの5ヶ月間の給料 総収入を公開【ストロベリーファームは稼げるのか!?】

ストロベリーのピッキング量の違い

 

レートが約2倍近く違うので、ビクトリア州も稼ぐことができます。僕のファームのトップピッカーは毎日200キロ以上イチゴを取っているので、週に1000ドル以上稼いでます。

 

ちなみに、ボトムピッカー【20代女性】でも100キロ以上取るので時給にすると15ドル以上はもらっているかなって思います。

 

ちなみに僕が働いていたクイーンズランド州のバンダバーグでは、トップピッカーが1日に400〜500キロ以上は取れていました。(ハイシーズン前)

 

このように、トロリーの有り無しでストロベリーの取れる量が全く違います。

 

個人的にはクイーンズランド州がオススメ

 

ビクトリア州と比べると1キロあたりのレートは低くなりますが、クイーンズランド州が良いかなって思います。

 

・トロリーを使えるだけで身体的負担が違う

・雨が少ない

・ハエが少ない

 

トロリーを使えるだけで身体的負担が違う

 

トロリーがあるだけで全然違いますね。腰の痛さが比べ物になりません。

トロリーを使ってピッキングしても腰は痛くなりますが、ハンドピッキングに比べると痛くはありません。

 

ハンドピッキングの中腰の姿勢を維持するのは簡単なものではありません。

僕はもう少しでメルボルンで仕事を始めて1ヶ月経ちますが、未だに腰は痛くなります。

 

しかし最初に比べたら休む時間が減り、中腰を維持する時間が長くなりました。

 

雨が少ない

 

ストロベリーは雨に弱く、長時間雨が降ると表面がぐちゃぐちゃになり商品になりません。

バンダバーグに住んでいるときは2.3ヶ月に1回雨が降る程度でした。ほとんど晴れで、雨の中でピッキングをすることはあまりありませんでした。

しかしビクトリア州では、1週間に1回以上雨が降っています。

 

ビクトリア州とクイーンズランド州の天気がこんなにも違うとは思いませんでした。

 

 

 

ハエが少ない

 

僕のファームだけかわかりませんが、ビクトリア州はめちゃくちゃハエがいます。気づけばハエが10匹近く体に止まっていたりします。

 

体に止まってもらうだけなら良いのですが、彼らは、耳の中や鼻の中に入って来ようとします。なので集中してピッキングが出来ません。

 

バンダバーグではハエがいてピッキング出来ない状況なんてなかったので、とてもびっくりしました。

今は、顔全体をこんな感じで保護しています。

 

 

この帽子のおかげでハエに対するストレスが減り快適にピッキングが出来るようになりました。

 

けれどもデメリットがあります。

 

ストロベリーが見えずらい。

少しピッキングするのに時間がかかりますが、ハエのストレスを考えるとこの状態の方がまだましです。

 

まとめ

 

今回はクイーンズランドとビクトリア州のストロベリーファームの違いについて書いてみました。

どちらもメリット、デメリットあります。

 

少ない量のストロベリーで稼げるビクトリア州。デメリットはトロリーがないのでずっと中腰の状態でピッキングをしなければいけないという事。

 

たくさんのストロベリーが取れるクイーンズランド州。デメリットはレートが時期によって変わるファームが多いのでレート次第では稼げない。

 

ストロベリーファームをやってみたい方は双方を吟味してシーズンを定め、ぜひトライしてみてください。

 

 

【ファーム生活終了】バンダバーグ生活5ヵ月の振り返り【ファームジョブが楽しかった理由】

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました