【フィリピン留学】夫婦で留学して感じたメリット、デメリット≪フィリピン編≫

バギオ留学

みなさん

 

こんにちは

 

コビーです。

 

フィリピン留学について書いてきたいと思います。

 

その中で今回は、夫婦で留学をして感じたことをせきららに書いていきます。

 

こうやってブログを書いていSNSを始めてみるまで、こんなにもカップルで留学に来ている人がいることを知りませんでした。

 

これから夫婦やカップルでワーホリを考えている方たちに、参考になれればなと思います。

 

夫婦やカップルで留学するメリット

f:id:chinenfu_fu:20190606125815p:plain

 

日本語で話せる、パートナーがいる

 

これが一番かなって僕たちは思います。

見ず知らずの土地に始めて行ったときは期待も大きいですが、同じように不安も大きかったです。

 

その中で、気軽に話せるパートナーが常に隣にいるのは心強かったです。

特に、英語が伸びなかった時は思っている事を話して、次の日また頑張ることが出来ました。

そうして、2人で支え合いながら留学期間を乗り越えることが出来ました。

 

いろんな困難を経験するたびに、2人の絆がずっと強くなります。

夫婦で留学に来て、良かったな。って心から思います。

 

友達の輪が広がる(先生との交流の幅が広がる)

これは本当に実感しました。僕とケイリーは英語を教える先生が同じではありません。

なので僕の先生とケイリーが仲良くなり、僕がケイリーの先生と仲良くなりました。

 

そうすると、、、

 

ケイリーの先生の家に招待してもらい、近くの滝で川遊びをしたり、フィリピン料理までご馳走になりました。

また、僕とケイリーの先生同士が仲良かったので、皆で一緒に外食したりしていました。

 

 

友達関係では、韓国人、台湾人、日本人と結構遊びに行くことが多かったですね。

 

 

↑フィリピン留学中に友達と遊びに行ったときの記事です!!

 

切磋琢磨して英語の勉強ができる。

 

近くに競う相手がいると、頑張ろうって思いますよね。

それと一緒で、留学の間は少しでも英語を伸ばそうとお互いはりきってましたね。笑

 

学校でテストがあったんですが、僕は見事にケイリーに負けましたね。

 

夫婦やカップルで留学するデメリット

f:id:chinenfu_fu:20190606132316p:plain

2人だけで会話することが多い

 

同じルームメイトなので仕方ないこと何ですが、やっぱり日本語を話してしまいますね。

くだらない話から、英語のお互いの勉強方法、一日の出来事などを話してました。

 

僕たちは、留学残り1ヶ月ぐらいから二人でいる時は英語で話すようにしました。

 

ちなみにラインで連絡取り合うときも、ほとんど英語で連絡を取り合っています!!

 

費用が2倍かかる

 

一人で留学する時は当たり前なんですが、一人分だけ負担すればいいですよね。

カップルや夫婦で留学をするとなると二人分の費用がかかります。

 

留学先でももちろんお金を使いますよね。

飛行機代、外食、観光をする時など、2人分の費用を貯金しなければいけません。

 

 

長い時間いると喧嘩が増える!?

 

僕たちは日本に住んでいる時から喧嘩をしたことがなく、

フィリピンで留学していた時も、喧嘩はしなかったですね。

 

 

喧嘩が多くなるかもしれないという事を伝えなきゃいけないなと思い、こちらも書きました。

留学中は、毎日ほぼ24時間一緒にいます。

しかも英語の勉強のストレスがあると、ストレスを発散したくなる時がきます。笑

 

 

その時に喧嘩になるのかなって思います。

対策になるか分からないですが、「フィリピン留学でめちゃくちゃ話せるようになってみせる」みたいな自分でハードルを高くするとダメかなって思います。

 

3ヶ月で英語を完璧にマスターするのは本当に無理です!!

 

ハードルを下げて「英語の環境になれる」ぐらいの軽い気持ちで勉強した方が良いと思います。

 

まとめ

 

全然話が変わりますが島田紳助さんから教わったことがあったので、どうしても書きたくて書きます。笑

 

 

みなさんも一度は考えたことがある「なぜ勉強する必要があるのか」という事についてです。

 

僕も100回以上自問自答したことがあるんですが、全く答えが分からずとりあえず学生時代の学業の成績は可もなく不可もなく普通の学生として過ごしてました。笑

 

 

島田紳助さんの言葉を聞いて勉強の大切さがわかりました。

 

結果から言うと勉強をすると「人生の選択肢が増える」と言っていました。

 

 

細かく話すと、京都大学に行った人が卒業後マッサージ会社に入社したそうです。

彼女は高学歴なんですが、最初から彼女は「マッサージ師」として働きたかったみたいです。

 

 

このように勉強が出来る人は「自分がやりたい事の選択ができる」んですよね。

 

 

お金で例えると、一万円と千円しかもっていない人の差ですよね。

 

一万円を持っていれば300円の物も買えるし5000円の物も買える。

千円しか持っていない人は千円以上の物を買えないんですよね。

 

 

だから「勉強して人生の選択肢を増やす」(手持ちのお金を増やす)

 

だから、人は勉強する。

 

という事を言っていました。

 

 

僕たちは英語の勉強して少しでも人生の選択肢を増やして成功できるようになりたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました