【海外で自炊生活】自分で簡単に作れるお豆腐のレシピ【苦汁の必要なし】

海外自炊生活

はいさい〜

 

知念夫婦のケイリーです。

大根のレシピ と バサのレシピに続き、豆腐を作る方法をシェアします!

 

何故わざわざ豆腐を作るのかと言うと、オーストラリアで豆腐を買うと高い!!!

 

日本では、1パック100円で買えますよね。

それがオーストラリアだと、1パック250円はします。。。

 

味噌汁に豆腐入れたいし、麻婆豆腐も大好きだし、、、

 

そしたら苦汁がなくても簡単に作れる豆腐のレシピを発見!!!

 

ぜひ、海外生活で豆腐が恋しい方・日本にいるから豆腐買えるけど、試してみたい方へ読んでほしいです❤︎❤︎

 

簡単手作り豆腐のレシピ

 

今回使う豆は、ひよこ豆(CHICK PEA)です。

アジアンマーケットで、1kg 3.9ドル(約300円)で購入できます。

 

この量で5回分の豆腐作りが出来るので、とてもお得ですよ〜〜!

 

材料

 

こちらが材料になります。

 

 

ひよこ豆 ・・・ 200g

水 ・・・ 600ml

 

 

ひよこ豆と水さえあれば豆腐が出来るので簡単ですよね。

 

作り方

 

作り方を簡単に説明していきます。

画像付きで説明するので、その通りに作ってもらえれば豆腐ができます。

 

①ひよこ豆を水に浸しておきます。5〜6時間くらい。浸しておくと、ひよこ豆が大きくなります。

②浸しておいた水は捨て、計量した水を入れて、ひよこ豆をミキサーで粉砕します。

 

 

③こし布で豆乳を絞り出し、おからを分けます。(写真は、生おからです。これも使えるから捨てないで!)

 

④豆乳を鍋に入れて、弱火で火にかけます。だんだんとサラサラからトロトロ状に変わります。

 

⑤容器に流し入れて、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

 

⑥固まったら完成!(すぐに固まります。)

 

ひよこ豆は、苦汁を必要とせず固まります。

また、水の量によって、豆腐の固さが変わるようです。お好みの水分量を見つけてくださいね。

 

 

生おからのヘルシーお餅レシピ

 

豆腐を作ったら発生するおからを使ったお餅になります。

醤油を甘くした味付け(みたらし団子みたいな)をし、おからのパサパサ感は全くありません!!!もちもちした食感を楽しめます!

 

材料

 

材料はこちらになります。

 

 

生おから ・・・ 100g

片栗粉 ・・・ 50g

水 ・・・ 100ml

醤油 ・・・大さじ2

酒 ・・・大さじ2

砂糖 ・・・大さじ3

油 ・・・少々

 

 

こちらが用意するものになります。調味料はどの家庭にもあるようなものだと思います。

 

作り方

 

①生おからに片栗粉と水を入れて、混ぜます。(水分が多めのおからは、水を少なめにしてください)

 

②混ぜた生おからを俵の形に成型していきます。

 

③フライパンに少々の油を引いて、生おからを両面がこんがりするまで焼きます。

 

④醤油、酒、砂糖を入れて生おからに絡ませたら、完成!

 

海苔を持っていたら、海苔巻きするとより美味しいです✨✨

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

豆腐作りって難しそうじゃない?って思ってました。

 

でも豆をミキサーにかけて、こして、固めるだけ!!!めちゃくちゃ簡単じゃないですか?

 

これで、海外生活でと豆腐を味わえます❤︎

手作りだと余計に美味しく感じますね!

 

ぜひ、試してみてください。

 

おまけ

 

今日ウェディングフォトを撮りに行ってきました。

 

毎回お世話になっているファーム仲間のしょうごさんに撮ってもらいました。

 

初めてのウェディングフォトで恥ずかしさもありましたが、素敵なカメラマンとアシスタントさんのおかげで良い写真を撮ることが出来ました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました