【海外生活一年経過】この一年で何が変わったのか【赤裸々に振り返ってみる】

オーストラリア

はいさい〜〜👋🏽

知念夫婦のケイリーです。

 

2018/12/7に日本を出国して、あっという間に一年が経っていました。

 

2018/122までの3ヶ月間は、フィリピンのバギオへ留学していて【【フィリピン留学】目標を低く設定すると英語が伸びる2018/3〜の8ヶ月間をオーストラリアで過ごしています。(1ヶ月間は、ヨーロッパ滞在)

 

一年前に想像していた自分たちになっているかな?と海外生活を赤裸々に振り返ってみました。

 

英語力は?日常生活に支障はない程度

一年経ったら、だいぶ英語力ついてるかな?って思っていました。

 

実際にオーストラリアで生活していて、日常生活に支障はない英語力はついてきました。でも、言われたことを理解できなくて聞き返すことは多々あるし、翻訳アプリで分からない単語を調べることもあります。

 

ネイティブのオージーイングリッシュは難しいです。話すの早いし、繋がってるし、そんな言い回しあるの!?みたいなことも。でも、辿々しい英語で返答しても嫌な顔せずに会話を続けてくれる人ばかりです。

 

今は、スピーキング力とリスニング力を伸ばしたいからとにかく会話をすることに注力してます。いつか自分の英語力を見える化したくなったら、ライティングやリーディングを勉強して試験に挑戦したいと思います。

 

自分次第で英語環境に身を置ける

 

自分次第で100%英語環境に身を置くこともできるし、100%日本語環境に身を置くことも出来ます。仕事場、シェアハウス、自分の希望した環境を選べるからです。

 

継続することも素晴らしいけど辞めて新しい環境を探すことも【【悲報 ファーム選び失敗】嫁は仕事を辞めました【時給6ドルのストロベリーパッキング】時には必要だったりすると思いました。

 

勇気のいることだけど、行動しないと環境は変わらないって学びました。

 

世界中に友達ができて旅行したい国が増えた

 

日々、出会いの多い生活をしています。

 

そんな中で出会った友達とまた、お互いの母国で再会したい!と思うようになりました。

 

海外生活を始めたら、魅力的な国がたくさんあることを知って、行きたい場所が増えてしまいました!ワーホリが終わったら、友達を巡る世界への旅に出たいってコビーとよく話しています。

 

もっとコミニケーションを取れるようになりたいから、英語力を身に付けていこうと思います。

 

日本人のコミュニティは大切

 

日本人と仲良くしてると英語力が伸びないから、英語環境100%にして日本人とは仲良くしない。と決意してる方もいると思います。

 

私たちは(そもそも夫婦間で日本語なんだけど)海外での日本人の方との出会いを大切にしています。日本を飛び出して海外で挑戦している方は魅力的な人が多いし、何かあったときにいざ助けてくれるのは日本人の方が心強いです。

 

日本人のコミュニティから広がって、仕事をゲット出来たり、新たな出会いがあったりします。日本人コミュニティとは連まないと決め込むのは、大変勿体無いと思います。

 

一年前に思っていた予想と違う生活をしている

 

オーストラリア入国当初は、ファームジョブはせずに1年でオーストラリア生活を終えている予定でした。しかし、ひょんなことからファームジョブを挑戦してみることになり、気付いたらファーム生活にハマっていました。

 

【ファーム生活の実情】ファーム生活を3ヶ月乗り越えた感想【ファーム女子の日常】

 

刺激が多すぎて予想通りにいかない

 

日本では選択しなかったであろうことも、オーストラリアではやってみよう!という気持ちになります。すると、想定外の刺激を得ることが出来て新たな自分を発見したりします。

 

海外でやりたい事が増えていく一方で、やっぱり日本は素敵だなと思うことが多くあり、沖縄へ移住することが待ち遠しくもあります。

 

一年間の海外生活を経て、改めて沖縄移住への気持ちを再確認できました。私たちは、海外に永住したい!とはなりませんでした。

 

夫婦の絆がどんどん強くなっている

 

海外生活では、決断をすることが多くありました。引越し、仕事探しを年に何度もやったので、夫婦2人でどの選択肢をしていくかという話し合いを重ねました。

 

毎度、ふたりが納得のいく決断をするため日本にいた時よりも"ふたりにとっての最善は何だろう"を考え続けています。

 

海外生活は、私たちの絆をより強くしてくれた時間であると感じます。

 

知念夫婦が付き合ってから今まで喧嘩をしない理由【仲良しの秘訣】

 

日本に帰りたいとは思わなかった

 

海外生活をするにあたりホームシックで辛い気持ちになる方もいると思います。私はコビーがいつも傍に居たからというのが大きな理由ですが、日本に帰りたい!!!という気持ちにはなりませんでした。

 

毎日、日本食を作って食べている

 

実際のところ毎日、日本食を自炊しています。

 

醤油、砂糖さえあれば和食の味付けになります。オーストラリアにある食材で、いかに和食ご飯を作れるかを常に模索しています。

 

26年間の食生活は簡単に変えられないと分かり、またどこでもなんちゃって和食を作ることは出来る!って実感しました。

【海外自炊生活】海外で肉じゃがを作る!!簡単 レシピ

 

結婚式ラッシュで帰国はした

 

帰国したいなあとは思わなかったものの、今年は私にとって結婚式ラッシュでした!なんと5件もの結婚式を残念ながら欠席しました😭😭

 

年齢的にピークなのかもしれませんが、本当に出席したかった。。。

結婚式って同窓会的な意味もあって、久々の再会もありますよね。しかし、10万円の航空券+ご祝儀などで帰国に20万円近く使っていたら破産します😭

 

海外生活をすると決断したのは自分だからと思って、これに出席しなかったら一生後悔するかもしれない!と感じた親戚と親友の挙式は、一時帰国しました。

 

まとめ

 

私たちは年明けまでメルボルンで生活をして、しばらくしたらQLDに戻ろうと考えています。

 

VIC州に移動して思ったこと、QLD州の気候と雰囲気が好きだ!ということです。QLD州に戻ったら仕事をして、お金を稼いで、二人それぞれ勉強したいことがあるので、その資金にしたいと思っています。

 

一年前に想像していた自分とは違う方向性を向いているけど、刺激的でハッピーな毎日に感謝しています。一年後もまた今の予想とはちがうかもしれません。

 

それでも良いから、自分たちが自然体で幸せでドキドキする道をふたりで選んでいきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました