【筋トレ・IELTS取得・ヨガ留学】明けましておめでとうございます【新年の抱負】

知念夫婦について

はいさい~~

 

知念夫婦のケイリーです。

 

新年明けましておめでとうございます。

 

昨年は大変お世話になりました。

ブログ、ツイッター、インスタグラムを開設して、様々な新しい事にチャレンジして、たくさん旅をした一年でした。

【海外生活一年経過】この一年で何が変わったのか【赤裸々に振り返ってみる】

2020年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

タイトルにどどーんと詰め込みましたが、今日は私の2020年の目標をここに宣言させてもらいます。

 

いやもう今年も始まって、もう10日以上経っているのに新年の抱負は遅すぎ!!とは言わないでください😂

 

 

皆さんも、今年どんな一年にしようか決めましたか?(決めてますよね)

忙しくて忘れてた人もこれを機に、一緒に決めておきましょう〜〜!!

 

 

 

有言することにより、達成力が高まるタイプなのでここへ公言してしまいます!!!

私の今年の主軸とする目標は、【筋トレ・IELTS・ヨガ】の3つです!!!

 

 

細かくは、いっぱいあるんだけどこの3つについてシェアしていきま~す

 

 

 

 

 

毎日筋トレ × 半年間やってみる

 


インスタやツイッターで筋トレ投稿していると、よく”何の為にトレーニングしているの?”って聞かれます。

その気持ち、分かります。ジムに行く前は、なんか面倒だし今日はお休みしていっかな~って毎回思います。筋トレ中、”なんでこんなに重いもの持って辛いの耐えているの”って思う事あります。笑

 

じゃあ、何で筋トレしているの?

休日の朝にちょっと早起きして、ジムに行って一日を始めたり(本当はお昼まで寝てだらだらしていたい笑)、仕事終わってすぐにジムに行って一日を終えたりしています。

単純に、楽しいから!それだけ!

ジムに行くと努力している人の集団に混じれるあの雰囲気、トレーニングした後の爽快感、少しずつ変化していく自分の身体などの楽しみの為に、ちょっとだけダラダラするのを我慢しているのです。

トレーニングの努力って、必ず結果に出るのもまた良いですよね。目に見えるから努力するモチベーション向上になると思います。

 

毎日× 半年間 ’継続すること’を癖づける

今年の私たちのテーマは、我慢と継続です。

 

2019年は、やりたい事を赴くままに欲望を第一優先として挑戦を重ねてきました。

なので、今年の私たちはその多くの刺激の中から選択されたフォーカスする事にのみ努力をします。

我慢と継続を癖づける為の一つとして、筋トレを半年間、毎日やる!と決めました。

 

また、何事も成果はすぐに出ません。1ヶ月だけじゃなくて、半年間やり切った時の変化を感じて成功体験を作りたいと思います。

 

栄養士が本気を出して食事管理もしてみる

実は私は、大学で栄養学を専攻していました。昔から料理が好きです。

【海外自炊生活】海外で肉じゃがを作る!!簡単 レシピ

 

今の私たちは減量を目的としていないので、食事制限を基本的にしません。好きなものは好きなだけ食べる代わりに沢山運動します。

ただ今回は半年間続けるし、制限はしないけど、管理はしてみようかな?と思います。

例えば、炭水化物で量を増さずに、タンパク質を多くする。脂質を控えた材料を選ぶなどです。

コビーは通常の食事をしてるだけだと、痩せてしまう体質です。日本に住んでいた時は増量していたので(身体をしぼらずに、とにかく大きく、太る事にフォーカスしていた)毎回、腹12分目になるまで食べていました。例えば、晩ご飯に米を3合(山盛りお茶碗3杯分)食べたりしてました。

 

私の大学の友人がプロ野球(青いチーム)のスポーツ栄養管理士として働いているので、スポーツ栄養のプロからアドバイスをもらいながら、トレーニング成果が出やすい食事を意識していこうかなと思います。

 

【海外で自炊生活】カンガルー肉はもう食べた?高タンパク、低脂質、栄養価が抜群のお肉

 

ヨガを学ぶ

小さい頃から約10年クラシックバレエを続け、高校生ではチアリーディング部に所属して、社会人になってからはヨガに通っていました。
きっかけは、新卒で入った航空会社でストレス負荷がすごくて息抜きが必要でした笑

【知念夫婦について】全部教えます!!航空会社勤務について

 

そんな荒んだ私の心に、癒しと前向きな気持ちにしてくれるヨガが大好きになってハマり始めました。そしてヨガをただやるだけじゃなくて、知識として学んでいきたいな〜と思うようになりました。

 

英語で何かを学びたい

英語での日常会話は、だいぶ困らなくなりました。1年間で色んなシチュエーションを経験してパターンを覚えてきたのだと思います。

しかし普段使わないような単語はわかりません。英語力を向上するために、自分の興味がある分野を英語で勉強しよう!と思うようになりました。

 

英語を使って何かを学ぶというのは、英語力向上に非常に効果的と聞いたことがあります。

なので、今回私は英語でヨガを学ぼう!と決意しました。

 

具体的には、ヨガインストラクターの資格を海外で取得することを目標にします!!!

 

帰国したときに形に残る何かがほしい

ワーホリ生活って、海外で外国人として生きていくだけで色んな経験しますよね。

でも、日本に帰った時に”形に残る何か”が欲しいなと感じました。

 

そこで、海外でヨガの資格と取ることによって、日本で働く時に自分の強みになるのではと思いました。

 

日本に帰国したら、旦那の地元の沖縄に住むと決めています。でも沖縄で何をして生活するのか?というのは、まだまだ模索中です。

”沖縄での生活をより良くする為に、海外修行している”のが今の私たちです。このワーホリ生活の毎日は、未来の沖縄生活が私たちのゴールです

 

今まで沖縄に何度も旅をしていますが、いつも感じるのは心が穏やかになってリラックス出来る空気が流れている島だなあ〜と。

沖縄旅行に来る人は、癒しを求めている人が多いんじゃないかな?って。

 

そしたらヨガインストラクターの資格が役に立つ日が来そうだなと思っています。

【沖縄おすすめ】現地人が教える沖縄のおすすめ8選

 

IELTSスコア 5.5以上の取得

ワーホリ中の皆さん、英語力を計るのに頭を悩ませませんか・・・?

1.2年の海外生活が終わって日本に帰ったら「英語話せるようになった〜?」って絶っっ対聞かれますよね。たったの1.2年で習得できるレベルはたかが知れていて、ビジネスレベルまで行ける人は限られていると思います。

 

私たちは将来、英語を使って仕事をすると決めているわけじゃないけど、折角なら英語を数字化したいという気持ちがあって具体的にIELTS 5.5以上取得を目標とすることにしました。

 

何の為に取得するのか

じゃあ何故、IELTSにするのか。TOEICの方が日本では通用するんじゃないのか、と思いますよね。

その理由は、ゆくゆくTAFEへ行くことも想定している為です。

前述した通りヨガ留学をしたいと考えていて、オーストラリアでスクールに通うおうと思っています。そのスクールにも様々な種類があって、一番多くの人が取得しているRYT200であれば1ヶ月かからずに取得できます。

でも時間とお金をかけられるならCertificateもしくはDiplomaを欲しいなぁ〜など考え中です。

 

まだまだ検討段階なので決めきれていないのですが、TAFEへの入学条件がIELTS 5.5以上なので、選択肢を増やす為にもこのスコアを取得することを目標とします!!!!

 

フィリピン留学を再び・・・?

しかし、IELTSを勉強したことがないので未知数な挑戦です!!!!

 

独学である程度を勉強した後に、またフィリピン留学を挟んでからスコア取得するのも良いと考えています。

オーストラリアでも出来る事だけど、私たちはフィリピン留学がすごく良い経験でフィリピンが好きだし、バギオでの勉強だけにフォーカスする時間が贅沢でまた行きたいって思っていました。

ワーホリのセカンドビザが終わった後の計画なので(私たちは、2020/3〜セカンド始まります)2021年の話になります。変わる可能性大いにありますが、今の私たちの気持ちをここに記しておこうと思います。

【フィリピン留学】夫婦で留学して感じたメリット、デメリット≪フィリピン編≫

 

まとめ

あなたの貴重な時間を割いて、ここまで読んでくださりありがとうございます。

”ケイリーの今年の目標”とか他人からしたらどうでも良い事だけど (笑)、私のポジティブな挑戦していく姿勢から誰かの刺激となって一緒に頑張れることが増えたら良いな〜なんで思っています!!

目標を達成する為には、ジムへ行くのも留学するのもお金が必要です😭

なので今年は、各週と年間の目標貯金を設定しています。

 

私たちは物欲はない方で、洋服はCotton on(オーストラリアのコスパ最強な洋服屋さん)で済ませちゃうし、二人では一切の外食せず自炊生活してます。

 

でも目標貯金が高額なので、今年は我慢と継続を積み重ねていきます。

 

ヨガ好きのメルボルンにいる方!!一緒に行きましょう〜??

また、おすすめのヨガインストラクターさん知ってたらぜひ、教えてください❤

 

一年後にこれを読んで笑顔で、余裕だった〜!!って言えると良いなぁ。

それでは!!!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました